平和な街を脅かす?!

空き家が危険な理由とは?

空き家の問題点

人が住んでいないため、管理がされていない放置された状態である空き家。しかし、その空き家はどのような問題があるのでしょうか。そこには4つの原因があると言われています。1つ目は建物の老朽化。2つは防災上の問題。3つ目は防犯上の問題。4つ目は景観、衛星の悪化に対する問題です。

建物の老朽化は、人が済まないことによって換気がされず、通水もしないため建物が老朽化しやすくなることを指します。外見上で目立つ問題だけでなく、シロアリや雨漏りなどの被害もあるため、劣化が進行しやすい原因となります。

防災上の理由としましては、、老朽化が影響しています。建物の強度が下がっているため、自然災害で倒壊する恐れがあります。

防犯の理由は、誰も入ってこないため犯罪者の寝床になる可能性があります。また、それだけでなく放火の被害に遭いやすくなります。

さらに、手入れがされていないため景観が悪くなり、それによりゴミ捨て場のような扱いになることもあります。そのため、衛生面でも良いとは言い難い空間となってしまうのです。

空き家問題はその住宅1つの問題ではなく、街の景観を見出し治安の悪化の原因になるとも言われています。そのため、空き家問題は一刻も早く解決すべきという意見もあるようです。