平和な街を脅かす?!

空き家が危険な理由とは?

空き家問題の理由

空き家問題には、その理由が付いて回ります。いつもは住んでいないけど使っているという二次的住宅や、貸したいのに借り手がいないという賃貸用住宅、売りたいのに買い手がいないという売却用住宅、そしてそれ以外のその他に分かれます。空き家問題に台頭するのは、その他の分類です。その他に該当する空き家は老後の生活のために介護施設に入るために、空き家になるという場合や所有者が亡くなってしまい、空き家になってしまうという場合です。

空き家はここ数年で増加傾向にあります。それは、前述した所有者の高齢化によるものが影響していると言われています。また、借り手がいないというのは首都圏にも影響しており、こちらの方が根深いとも言われているのです。さらに、空き家問題はマンションでも表出している問題です。マンションは建て替えや取り壊しが難しいため、空き家の解消も難しくなってしまうようです。

空き家問題には、所有者の高齢化によって、死亡してしまったり介護施設に入居してしまうというケースがあるようです。さらに、これらのは都会でも問題になっています。マンションの空き家は建て替えや取り壊しが難しいため、空き家問題の中でも頭を悩ませる原因となるようです。