平和な街を脅かす?!

空き家が危険な理由とは?

空き家問題について

最近巷でよく耳にする空き家問題。そういえば、近頃では人気の無い住宅が増えたという意見もちらほら聞かれます。空き家問題は色々な問題を誘発する爆弾であったり、社会問題を映し出す鏡だとも言われているようです。一体、空き家問題とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。その問題点や原因、また都市部での空き家問題に焦点を当てて調べていきましょう。

まず、空き家には4つの種類がありますが、二次的住宅、賃貸用住宅、売却用住宅、そのどれにも当てはまらないその他の住宅が問題であるとされています。これは、その持ち主が死んでしまったり、介護施設に入ってしまったために空き家になってしまったという場合もあるようです。また、空き家の問題点には建物の老朽化、防災上の問題、防犯上の問題、景観、衛星の悪化などが挙げられます。

これらの問題はそれぞれが独自に孤立しているものではなく、密接に関係しているものです。そのため、空き家は1つあるだけでも社会的な問題と言えるのです。都市部の空き家問題は、相続関係の問題の他に法律の問題が関連していきます。また、都市ならではの都市開発も関係してくるので非常に特徴的であると言うことができるのではないでしょうか。

空き家問題につきましては、それ自体が問題なのではなく、それを取り巻く環境や、それが原因となって起こることが問題となることが多いです。空き家問題についてお悩みの人はこの記事を読んで、心を軽くしていってください。